山と僕とカメラ

登山初心者のバタバタ日記

槍ヶ岳へ表銀座縦走 その2 登山口まで長い旅編

新大阪から名古屋。新幹線で行くと中途半端な旅気分になる事請け合いの1時間。

「京都を出た」

「そろそろ眠い」

「まもなくー、名古屋ー名古屋」

となる。遠いようで近いようで、やっぱり遠い、そして速い新幹線。

そこで私たちは眠らないように、眠ったら死ぬのだ、という事で、新ゲーム「5文字以上しりとり」を行うこととなった。

www.yamakamera.com

www.yamakamera.com

ルールは、しりとり、それに加えて5文字以上でないとダメというハイセンスなルールで、なかなか良かった。

「う」で終わり、「ら行」で始める言葉の枯渇にあえいだ。

そんなこんなで名古屋に着いて、そこから特急「ワイドビューしなの」に乗り換え。

乗り換えホームに行くと、なんとなんと、特急待ちの大行列。 

すでに乗るべく電車はホームに止まっているので、満席確定。

これは絶対座れないな、自由な席の私たちは。でもこれに乗らないとスタートが大幅に遅れてしまうので、仕方なく入ってみた。

すると、最後部座席の後ろの隙間に人2人入れるスペースがあったので相方をそこに押し込んで、私も入り、無事解決。でもぜんぜんワイドビューじゃない。

これで2時間以上は乗らないといけないのがなかなか辛かった。

途中、塩尻で乗り換え。

 

f:id:fujikixblog:20180821063059j:plain

ここからは、指定席がある。少しばかりだが、ゆっくりできる。

ここまで来ると、登山客が目立つ。

早朝出発が基本の登山で、昼出発になる今回の登山。少し不安だが、なんとかなるだろう。

穂高駅に着いた。

f:id:fujikixblog:20180821063218j:plain



ここからは、登山の起点となる「中房温泉」まで行くバスが発車している。すでにバスは来ており、多くの電車の乗客がそのままバスに吸い込まれていった。

f:id:fujikixblog:20180821063231j:plain

謎のくまと記念写真

f:id:fujikixblog:20180821063317j:plain

愛しの乗合バス。

バスはぐねぐね道を駆け上がる。軽トラしか登れんだろうという道を満員のバスがヒーヒー言いながら登っている。

30分は乗っただろうか、無事、私は無事、相方は、ゆられすぎて軽度の車酔いになり、中房温泉に到着した。

f:id:fujikixblog:20180821063436j:plain

登山に向かう客よりも、下山し、温泉に向かう客のほうが多かった。羨ましい限りである。若干天気が悪い。

12時、新大阪で買ったオニギリをここで食べ、いざ、「表銀座で行くステキな槍ヶ岳縦走」が始まるのであった。

f:id:fujikixblog:20180821063541j:plain

 

f:id:fujikixblog:20180821064301j:plain

 

 

槍ヶ岳へ表銀座縦走 その1 出発の朝編

8月のお盆休み。タクシーに乗った。朝6時。新大阪まではすぐだ。おおよそ10分で新大阪駅に着いた。朝は流石にまだ涼しく、このままこんな天気であって欲しいなと思った。この時期、本来なら西行きの新幹線に乗るが、今回は名古屋に行く。北アルプスに行く。だが本当ならば、当初予定では直接中房温泉に行ける夜行バスで行きたかった。しかし席が満席で取れなかった。あえなく新幹線、そして特急などを乗り継いで中房温泉まで行くことになった。なかなかの大誤算だ。日本のお盆休みを舐めていた。いや、舐めていたのは、これは序章に過ぎなかった。私たちはお盆休みにおける北アルプスの人の多さにこれから大いに振り回される事となるのだった。その時、私たちは、それを知る由もなかった。

今思えば、呑気な2人、そんな事とはつゆ知らず、とりあえず改札を入ってスタバに行こうということになった。しばらく離れるオサレ文化に触れておこうという例のやつである。新大阪駅のスタバは構内の北側にある。意気揚々と向かう途中、意気揚々さは無くなった。綺麗にシャッターがしまっていた。ですよね。まだ早いですよね。仕方なく、売店で朝ごはんとお昼ごはんを買い、飲み物を買って、まだ開かないスタバの隣の待合所にてオサレでない時間と空間を過ごした。

私の登山の前の朝ごはんは、元愛工大名電の今は大リーガーの某選手並みにルーティーンがある。かやくご飯のおにぎりだ。ここで下手な脂っこいものや、なんとなく生っぽいもので胃腸をおかしくしたくはない。かやくご飯がベストだ。お昼用には、得体の知れないハイカロリーなハンバーグオニギリを買った。全く筋が通っていないが、儀式とはそんなものだ。そうこうしていると隣のスタバのシャッターが開いた。世の中そんなものだ。

シャッターが開く前から行列ができているのでさらさら買う気にならないスタバ、どうしてここまで人気があるのだろう。仮にスタバに行くなら私はドリップコーヒーと相場が決まっている。それ以外は謎の赤いランプの前で、出待ちファンの集いをしないといけない。それに比べてドリップコーヒーはレジですぐに頂ける。

それはさておき、そろそろ時間なのでホームに上がる。駅でいう「ホーム」とは決して電車が帰ってくる「家」という意味ではない。「プラットフォーム」というれっきとした英語が語源で日本語文化特有の後部省略の流れにのって後ろの「フォーム」だけになり、日本人の滑舌に合わせ、「ホーム」となった。決して日本以外で「ホーム」とは言ってはいけない。「フォーム」もいけない。

f:id:fujikixblog:20180818050035j:plain

そんな悲しさいっぱいの由来のホームにあがり新幹線を待つ。この「新幹線」も変な名前だ。「特急」や「快速」と同じ意味合いで「新幹線」という言葉を使っているようだが、実は「新しいメインの路線」という意味のはずだ。並列するならば、東海道本線や、山手線、などと同じ、路線の名前であり、決して車両を指しているわけではない。特急や、快速と同じ意味で使うならば、「超特急」であろうが、それは私がまだ幼い頃は使われていたが、今では全く使われなくなった。だが、安心してほしい。駅の英語のアナウンスでは「スーパーエクスプレスノゾーミー」としてはっきりと、言われている。

6時57分の、のぞみ294。そう、新大阪駅あるあるなのだが、地下鉄やタクシーで来た場合の改札から入ると、ホームはどこだろうと探すときに改札口直上の電光掲示板は裏側は何も表示されてないので、またバックして、仰け反って表示を見ないといけない。あれはなんとかしてほしい。少し高い台に立ってボーっとしている警察官の上ぐらいにも何番線に入るかわかる表示をつけてほしいものだ。

そして私個人だけかも知れないが、「14号車、16A」とかの席だといつのまにか「16号車、14A」を求めてホームに並んでしまうことも多々ある。気をつけなければならない。

というわけで、私たちの槍ヶ岳への長い旅が今、始まろうとしていた。

 

続く

www.yamakamera.com

 

槍ヶ岳 表銀座縦走 8月の5日間 雑感

今回の登山は、長野県の中房温泉からのぼり、燕岳、大天井岳、西岳、そして槍ヶ岳、そこから槍沢を通って横尾へ、そして上高地までという、王道の表銀座コースを歩きました。

詳細はまた後日少しずつ写真とともにアップしていきます。

 f:id:fujikixblog:20180816075919j:image

 

今回は、「天候に振り回される5日間」でした。とにかく天気がコロコロ変わり、暑くなったり、雨が降ってきたり。

 

www.yamakamera.com

www.yamakamera.com

天気がコロコロ

1日目は、燕岳の登り、暑さと湿気。

2日目は、燕岳から西岳、曇ってて槍ヶ岳は見えませんでした。夜はゲリラ暴風雨。

3日目は、西岳から東鎌尾根を通って槍ヶ岳、この日は雨とたまに豪雨。槍の肩に着くまで槍ヶ岳は見えませんでした(笑)

4日目は、槍ヶ岳から槍沢キャンプ地へ。未明から少し晴れて午前6時までは晴れ、そのあとはどんどん天気は悪くなり、雨。

5日目も、午前中は晴れて、そこから急に雨が降り出し、上高地は観光客をゲリラ豪雨が襲い、地獄絵図。

とまあ、晴れ、雨、曇り、暴風雨、などなど、とにかく、色んな天気に合いました。

f:id:fujikixblog:20180816080055j:image

 テント場で皆さんとお話ししたところ、「こんな天気予報が外れるのは、はじめてだ」などおっしゃってましたので、たしかに天気予報は全くあてにならず、雨雲レーダーにうつらない雨も降ったり急に晴れたり。

 

登山者の多さ

それに加えて、お盆シーズンなので、登山者がとても多く、テント場が午前中に埋まってしまって、テント場に幕営できないこともありました。なかなか予定通りに、いきませんでしたが、目的の槍ヶ岳登頂は、二回果たしました!

 

f:id:fujikixblog:20180816093651j:plain

ドローン

今回はドローンを持ち込んで色々撮りたかったのですが、天候の影響でなかなか飛ばせずでしたが、槍ヶ岳ではなんとか飛ばせました。

ドローンの飛行には日本各山域により、申請方法がまちまちなので、ややこしいですが、北アルプスの場合は中信森林管理局に入林届けが必要です。鳥獣捕獲と同じカテゴリーにあります。

 f:id:fujikixblog:20180816080205j:image

f:id:fujikixblog:20180816080255j:image

f:id:fujikixblog:20180816093724j:plain

 

ご飯

ヤマメシも、ルート上の予定時刻や、天気の変更で、予定通りなんてとてもいきませんでした。(笑)カレー多かったです。

f:id:fujikixblog:20180816080325j:image

では、たのしいお盆明けを!

 

 

 

 

 

エスカレーター右を歩くか左を歩くか【本来は止まりましょう】

大阪と東京。

エスカレーターのどちら側を歩くか、という慣習の違いの謎。

そもそも、「歩かないでください」と謳っているのだが、今回はそれはさて置いて。

なぜ、東京は右側歩きで、大阪は左側歩きなのだろうか。

諸説あり、そして、なんとなく立証されている事でもあるらしいけれど、私なりに考えております理由をば。

 

まず、エスカレーターは駅に多い。なので、ここでは、駅の状況が慣習になり伝播していったと考える。それを踏まえて大阪と東京の駅の事情を考えてみた。

 

電車の本数の違い

駅、東京の鉄道は電車が多い。ひっきりなしに来る。乗り遅れまいと、あまり駆け足で忙ぐような事はない。

大阪は、ギリギリ微妙なタイミングで電車が行ってしまう事がある。で、すぐ来ない。急いでおけばよかった。次は一応急いでおこう。こうなると、予測される。

 

乗り換えの距離の違い

東京は乗り換えがやたらと遠い。同じ駅とするのはいささか強引だという乗り換えの駅が多い。そのために、わざわざ歩き続けるよりも、どこか休めるのなら歩みを止めたい。

大阪は逆にそんなややこしい駅はあまりない。阪急梅田と、西梅田くらいならば、半ば諦めてしまうが、それ以外は意外と近い。 特に疲れない。

 

座れる確率、混み具合

東京の電車は常に混んでいる。常に満員で、新参者が座れた試しなど無い。座れるのは始発駅のみではなかろうか、と疑ってしまう。というわけで、わざわざ急いでホームに行って「もしかしたら座れるかも」なんて浅はかな希望は持たない。

大阪の電車は、ある程度空いている。先着4名様くらいなら常に席が空いている。乗り換えの多い駅などは前の方に並んでれば座れる可能性が、かなり高い。という事で、皆、なるべく急いでホームに上がり、列に並びたい。座りたい。

 

それらを考えて、東京ではエスカレーターで止まりたい人が多く、大阪ではエスカレーターで歩きたい人が多いと考える。

 

で、なぜそれが右側と左側になるのだろうとお思いでしょう。

人の歩行は日本では左側通行です。昔侍ご刀を持っていた時代、刀は左の脇にさしますが、それがガチャンとお互い当たり、不用意なイザコザにならないように、日本では左側通行になったというのをテレビで見ました。

それです。

日本人は、向かい合わせだろうと並走だろうと、左側が自然なのです。きっと。

東京は「エスカレーターで止まる人」が多い。それに比べて大阪は「エスカレーターで歩く人が多い」。

歩くにせよ、止まるにせよ、その行動が多い集団が左側に集まります。

それで東京では止まる人が左、歩く人が右。

大阪は、歩く人が左、止まる人が右。

となったというのが私の考えであります。知らんけど。

 

 

 

調味料大好きです。

日々、食べ過ぎには注意しながらも、美味しいものは食べたい!と思う混沌とした毎日。そんな鶏胸肉の日々を明るくしてくれるのが、ひとふりで味が整う調味料です。

その中でもイチオシ、ご自慢の調味料たちをご紹介します。

題して「ジャンイチさんちのスパイス」

 

f:id:fujikixblog:20180809065302j:image

 

淡路島オニオンスパイス

 f:id:fujikixblog:20180809071140j:image

言わずと知れた、王者、確固たる地位を占めるスパイス。じっくり炒めた玉ねぎを粉末にしたような香ばしい風味が漂います。中には塩、胡椒、ガーリックなども入っているのでこれ1つで味が整います。鶏肉炒め、牛ステーキ、など、玉ねぎやキノコの炒め物にも合います。

参考ブログ

www.yamakamera.com

 

仁淀川山椒

f:id:fujikixblog:20180809071135j:image

最近では「花椒」がもてはやされているようですが、山椒のあのツーンととした風味を感じたいならば、この仁淀川山椒の一択です。鶏肉炒め、特にヤゲン軟骨の炒めには最高です。カニカマと豆腐のサラダに、軽くお塩と、この仁淀川山椒をかけると、もう止まりません。もちろん麻婆豆腐には腱鞘炎になるほどゴリゴリかけてください。

 

柚子スコ

f:id:fujikixblog:20180809071203j:image

九州で発見した、柚子スコ。タバスコの柚子胡椒版。液体にする事で、数滴ふりかける感じで柚子胡椒を添える事ができ、液体なので、食材全体にも満遍なく風味が行き届きます。本来の柚子胡椒を使う場合にはもちろん、お刺身のワサビがわり、ピザ、焼き魚にも良いです。

 

 

ホット柚子スコ

f:id:fujikixblog:20180809071214j:image

柚子スコの更に辛くしたバージョン。柚子スコでは物足りないない時にどうぞ。唐辛子が多く入っています。肉料理などにガツンときます。

 

 

マサラ七味

f:id:fujikixblog:20180809071223j:image

串カツ屋で出会った、インドスパイスと七味が混ざった七味。ややカレー風味になります。揚げ物にはもちろんのこと、野菜を炒めてふりかけたり、魚介料理にも合うでしょう。

 串かつの店 ヨネヤ

 

クレイジーソルト

f:id:fujikixblog:20180809071233j:image

誰もが知っている調味料。塩だけよりも、味はまろやかになります。ハーブが入っているので、香りも良いです。肉野菜魚となんでもありです。最近はオニオンスパイスに出番が奪われております。

 

創味シャンタン

f:id:fujikixblog:20180809071247j:image

そうあの、赤いやつの中身です。イロイロあったらしく、今は赤と白がありますが、本来はこの白らしいです。諸説あります。

中華料理には欠かせません。野菜炒めや、スープ、炒飯にと、大活躍です。

 

 

 

さあ、どうでしたか。食べた後は、カリウムを忘れずに。

 

 

パッキング

仕事の合間にパッキング作業。

今回は今までで一番長いトレッキングになるので、荷物が多くなるけど、そのまま多くならないように詰めこみたい。

f:id:fujikixblog:20180808074542j:image

注意事項を確認しながら詰める。

 

  • 小さいのに重いのが「カメラ」。これはしかたない。これはしょっちゅう出し入れるので上。
  • 行動中はカメラはショルダーハーネスにつける。
  • 天気があまり読めないので、ジャケットはゴツメのを追加で入れておく。ウインドブレーカーは着たり脱いだりが多いので外側のポケット。
  • パッキングの袋をやたらと使うと、それ自体で重くなるので、なるべくグループのメンバーで一気にまとめてパッキングする。バッグinバッグは街のオサレ。
  • 今回はお水の重さも余らせておかないといけないので、スペースが余ってるからと、あれやこれや入れない。これ、出発直前にやりがち。
  • 一日の最後にザックをさばくので、テント装備やシェラフは一番下に。
  • 銀マットは背面に。
  • 食料や器具は真ん中に。
  • 着替えも一番下。
  • サンダルは汚れるので外ポケット。
  • モバイルバッテリーも外ポケット。
  • スリーピングマットは外付け。
  • 行動食はウエストのポケット。

という作業が出発まで毎日続く。

これが一番楽しかったりしまーす。

f:id:fujikixblog:20180808074519j:image

 

パッキングに便利なグラナイトギアのポーチ。軽い!

 

ノースフェイスのスタッフバッグ、更に軽い!

 

 

 

海の見える坂の街

車が停車すると、僕は、いの一番に車から飛び降り、砂利の撒かれた駐車場から駆け出してその先の坂道を登った。この坂道は急だ。右手には小学校がある。通ってない小学校というのは、独特の近寄りがたい距離感がある。門の向こうに見える校舎、ひまわりか何かの植木鉢、窓の中にチラッと見える掲示物。大体の生徒数を考える。多くはなさそうだ。左手はみかん畑が広がっている。まだミカンは葉っぱと同じ緑色だ。坂道は途中で左右に分かれている。目印はよく吠える犬だ。怖くてしようがない。左の脇道に入って行く。ここで坂は終わり。細道は人ひとりがやっと通れる幅だ。だから車は下の駐車場に置いているのだ。後ろを振り返ると、まだ父も母も姉も遠くに見える。少し速く走りすぎたようだ。少し距離を縮めるためにゆっくり歩く。なんとなく、一番のりは恥ずかしい、そんなお歳頃だ。ミカン畑の向こうには、海と島が見える。母の実家の裏道であるこの細道はほぼ私道と言っていい。夜はどうやって通るんだろ。怖すぎる。

目指す家が見えた。その家の窓から誰かが手を振っている。あの部屋は台所。そこからおばあちゃんが手を振っている。毎回の事だ。あの台所は酸っぱいにおいがする。梅干しをつけているにおいだ。やや苦手。

おばあちゃんに手を振り返す。ちょうど父と母もやってきた。姉も。

裏から表の玄関側に回る。玄関周りは庭が広がっている。家がある場所は、かなりの高台になっているので、瀬戸内海の、島々がいっぱい見える。船もたくさん通っている。タンカーや、フェリー、高速艇や、漁船。それらが右へ左へ。船は大きいほどゆっくりに見える。右の端っこから左に向かって行く大きな船、全然動いてるように見えないんだけど、他に夢中になって、ハッと気がついて、その船を見ると、もう左の端っこに移動している。見てる時はゆっくりで、僕が目を離した隙に、スピードを上げているんだ。きっと。

コクリコ坂から」という映画がある。あの高台から見える海と船のシーンによく似ている。あれに島を足した感じで、とても綺麗で大好きだ。

 f:id:fujikixblog:20180806215154j:image

海の手前には、海岸沿いに国鉄山陽本線が走っている。夜明け前になると坂道を駆け下りて、寝台特急ブルートレインを見に行くのがここに来た時のもう一つの楽しみでもある。その先の国道2号線には出ちゃいけない。

高台から景色を望めるのは隣町の尾道と似ているが、尾道は向かいに、まさに「向島」があり、海は川のように見える。ここはそうではなく、ずーっと先の四国まで見えるのだ。

僕はここが大好きだ。

 

大好きだった。しかし、今回の豪雨災害で、このかつて母の実家があった三原市の「木原」という地区は今回、本郷と並び、大きな被害を受けた。土砂は谷の上から家々を巻き込んで、JRの線路を超え、国道二号線まで出た。人口も少なく報道は少ない。道は細いので、なかなか大規模な復興作業ができなくて、作業が進まない。そんな場所は各地にある。皆必死で生きている。

 

今日、スーパーの買い物の途中、西日本豪雨災害の募金活動をしていたので、ポケットに入っていたお金を鷲掴みして、募金箱の隣に立っている人の手に渡した。顔が上がらなかった。これぐらいしかできない、していない自分に。顔を上げれなかった。きっと、顔は、ぐしゃぐしゃだろうし。

その帰り道、幼き幼稚園の頃、木原での思い出がぶわっーーっと湧き出てきた。