山と僕とカメラ

登山初心者のバタバタ日記

GWの涸沢、穂高 その7 奥穂高登頂

ガクガクブルブル

ジャンイチです。

 

前回↓

www.yamakamera.com

 

 

 奥穂高登頂

雪壁をザックザックと上へ進んで行く。

緊張で足が震えるのがわかる。

無心で四つ足上りを繰り返す。

そして、やっと頂上の岩場に着いた。

f:id:fujikixblog:20180524172134j:plain

トータルで見れば下りがあるので、まだ半分なのだ。

気は緩めれないが、一旦難関クリア、一安心。

最後の岩場を登っていくと奥穂高の祠が見えた。はい、ゴーール!

f:id:fujikixblog:20180524172222j:plain

頂上には数組の登山者が眺望を楽しんでいた。

f:id:fujikixblog:20180524172249j:plain

これが噂のケルン。

みなさんめいめいに写真などを撮っている。

三脚もないし、自撮りかあ、、いたしかたなし。

f:id:fujikixblog:20180524172317j:plain

まあそれはいいとして、どうですかこの絶景

f:id:fujikixblog:20180524173118j:plain

 ジャン様↓

f:id:fujikixblog:20180524172754j:plain

槍様↓

f:id:fujikixblog:20180524173201j:plain

上高地君↓

f:id:fujikixblog:20180524173224j:plain

  富士様↓

f:id:fujikixblog:20180524173432j:plain

また、槍様↓

f:id:fujikixblog:20180524173454j:plain

槍も見れるし、他の山脈も、そして、富士山も見えてます。

f:id:fujikixblog:20180524173522j:plain

すがすがしい。

無心になれる。

 

驚きのクレイジーメンたち

なんと手前のカール側の奥穂高直登ルンゼから下に向けてスノーボーダーたちがここ、奥穂高頂上から滑り降りています。。

え。。

ええええええ!

まじっすか、まじっすかああ。。

背負って登るのもすごいけど、このほぼ垂直の崖を滑るんですか????

おー

f:id:fujikixblog:20180524172415j:plain

(おかしいっすよね、、) 

なんか、もうここは、あれだ、、なんか、フリーダムだ。

 

まあ、そんなことより、幸せだなあ、、と、下の岩場を見ていると、おや?あの担々麺越しの二人組がこっちに向かってるではないか!

こちらも大きく手を振って、1時間ぶりの再会をアピール。

しばらくすると、頂上に到着、喜びを分かち合った。

男性の方は慣れてるようで、女性の方をリードし、登ってきた。

かっけええ、、、

で、ちょうどいいので、写真を撮ったり、撮ってもらったり。

f:id:fujikixblog:20180524172717j:plain

「ジャン、行ってきた風の私」↑

 

そして、天気の変化が怖い私は、早々に下山にかかるのでした。

「いつか、どこかでーー、また会いましょう!」

というと、

「え?今夜同じ部屋ですよ!」

おおおお、まじっすか、惚れてまうやろ!!

 

私が着ている黄色いのは、モンベルのストリームジャケットです。アウトレットで安く買えました。

冬を経験する前にかったのですが、今んとこ文句なしお気に入りです。

 

続くのだ。

www.yamakamera.com