山と僕とカメラ

登山初心者のバタバタ日記

THE BACKPACK#001

 カメラザックにお悩みの人にオススメのザックです。

以前、ちらっと紹介したかもしれませんが、イモトさんが南極に行くときに使っていたザックです。

THE BACKPACK#001

t3ec.net

フロント部が、二重構造、かつ背中の部分からファスナーで内部にアクセスできるので、通常のカメラザックのように使え、そのうえ、三脚やスタンド、アンブレラ等長ものも1つにまとめれるので長もののバッグは必要なくなります。

f:id:fujikixblog:20180623184009j:plain

 容量は40リットルと60リットルがラインナップされてますが、私は60リットルを選択しました。三脚等を考えたときに大きい方が上に突き出ることがないと判断したのが1つ。モノブロックや400mm等を十分いれれるパッケージが欲しかったのが理由の1つです。

 

f:id:fujikixblog:20180623185152j:plain

フロントのファスナーを引っ張ると大きなポケットが広がっていて、そこに三脚やスタンドを収納できます。これらは内部のベルトで固定できますので、揺れれことはありません。外側にむき出しにすると、怪我をさせてしまう事故にも繋がりますので、全体をカバーするのは、とてもいいと思います。

f:id:fujikixblog:20180623185720j:plain

 背中の部分に内部にアクセスできるジッパーがついています。

背面には硬いパッドがついていて、PC等が収納できます。

f:id:fujikixblog:20180623185830j:plain

背面ジッパーを開けると防水カバー付きで内部が現れます。これは嬉しい設計です。

内部に簡単アクセスは、仕事がはかどります。

f:id:fujikixblog:20180623190001j:plain

内部は特に仕切りとかはありません。別売りのクッションケースで収納しています。

プロジェクトによって、構造が変更できるので、この仕組みで良いと思います。

1つの荷物にまとめれるので、正直重いと感じると思いますが、両手が開くので、撮影しながら全ての機材を背負って移動できるというのは、とてもスマートで良いかなと思っております。

容量はふんだんにありますので、この倍はまだ入るだろうと考えてます。

カメラメインの登山にも良いでしょう。もちろん登山のみの場合でも!!!