山と僕とカメラ

登山初心者のバタバタ日記

新幹線こだまが止まる駅

広島県には、こだましか止まらないに近い駅が3つあります。

新尾道駅三原駅東広島駅です。

今、在来線の山陽本線呉線が完全ストップしています。

そして、今までは、まったく日の目を見なかったそれらの駅が、唯一の交通ハブ機関として大活躍しています。

被災地のど真ん中に、トンネルで繋がった駅、これが見事に運用しています。おそらく、毎朝毎晩、広島駅や、福山駅に人を物を水を、食べ物を運んでいるに違いありません。これが、少しの区間でも地面レベルでレールを作っていたら、そこが土砂崩れになっていたら、さらに大きな経済的、いや、人間の、生命活動に打撃があったでしょう。

ある程度の期間、これらの駅に止まるのぞみを増やしてはどうでしょう?炎天下の中、列車を待つ行列で苦しむ人は少しは減り、楽になる思います。

 

そして新幹線が唯一の救いの今、各自が両手で持てる分しか水や食料を運んでません。

この際、新幹線の深夜便として、昭和にあった構想「新幹線貨物便」を復活して、被災地に物資を届けてはどうでしょう?

新幹線16両に水や食べ物を満載し、届けたら、どれほどの人が助かるでしょう。別に300キロ出さなくていいんです。よろしくおねがいします。JR西日本

f:id:fujikixblog:20180713061823j:image

災害が起きた時から配達なし

事前の準備を