山と僕とカメラ

登山初心者のバタバタ日記

広角レンズの使いかた

最近は、インスタグラムなどにより、横長、縦長に加え、正方形の写真も必要になってますね。

とはいえ、実際の場面で、縦、横、正方形と撮り分けるのも大変です。

今回は簡単な撮り分け方を説明します。

簡単です。

「縦位置で撮りたい構図なら、横位置で撮る。」

以上です。

なんのこっちゃ?

ですよね。

簡単に説明しますと

何かを縦位置で撮りたい構図があったとします。

そこで、そのまま縦位置で撮るのではなく、横位置にして、先ほどの「何か」がしっかり入るように、広角側にレンズをズームで広げます。

そうすると、先ほど入れたかった「何か」がきちんと入る横位置の写真が撮れます。

 

例えば、こういった写真が撮りたい!と思ったとします。

f:id:fujikixblog:20180713181313j:image

こんな感じ「朝日を見る人」

 

で、このまま撮ったら、あ!インスタに載せたい!って時に、正方形にすると、上下をカットしないといけませんよね。

f:id:fujikixblog:20180713181438j:image

こんな感じに。まあ、これでもいいんですが、オリジナルのままの上下の空間を入れたい時に、不可能になります。

 

そこで、撮る時に横位置で、十分に上下が入るように撮ります。

f:id:fujikixblog:20180713181605j:image

こんな感じで撮ります。

 

そうすると、

元々の欲しい縦位置

f:id:fujikixblog:20180713181313j:image

正方形

f:id:fujikixblog:20180713181701j:image

この両方もきちんと構図に収まります。

そして、

同じ縦位置でも

あ、やっぱり人は入れたくないや、と思ったら

f:id:fujikixblog:20180713181814j:image

こんな感じに、右にシフトして構図をきりかえれます。

縦位置をそのまま縦位置で広角に引っ張るのではなく、横位置にして引っ張るのがコツというか、ミソです。

これは、横を縦にしたい時も同じです。

一回り広角のレンズ域になります。

28mmなら14mm、50mmなら24mmとなります。

 

注意点が2つあります。

その1  ボケ感に反作用

以前書いたようにボケ感を重視する撮影に向かない方法ですので、ボケを重視した撮影には、絞りを開ける、フルサイズカメラにする、などの作業が関わってきますので、簡単ではありません。

その2  解像度の低下

解像度が小さくなります。1/2以下になると思ってください。それを防ぐために、そのままの構図でも、きちんと撮影する事が大切です。

ウェブにアップする程度なら、全然問題ありません。

 

では、皆さん、良い、写真ライフを。

災害が起きた時から配達なし

事前の準備を