山と僕とカメラ

登山初心者のバタバタ日記

約束の夏の話

今日から夏休みだ。その当時、小学生だった僕は、毎年この瞬間のために生きていた、と言ってもおかしくないくらいだ。午前の授業が終わり、先生が例によって、海で泳ぐ時の注意事項、次の登校日までにする宿題を伝えて、日直に挨拶を促す。

f:id:fujikixblog:20180715055602j:image

「きょうつけ、れい」

よし!この瞬間から僕らは自由だ!フリーダムなのだ!!さっき何か先生が言ってたが、とりあえず、海へ行こう。宿題はとりあえずなかったことにしよう。

この日を卒業式にするべきだ、きっともっと盛り上がる。

僕は両手に何を植えたか謎の植木鉢と、全く役にたたない、勢いのまま図工で作ったシュールなオブジェ風の人形を持ち、とにかく家に帰った。

 

(中略)

 

昼の海とは全く違うただ、ザザーっと音がするだけの空間、これが夜の海だ。

灯台のある丘を目指していた。灯台といっても今は使われていない誰も来ない場所だ。

昼間泳いだ海岸通りを歩いていく。

と、向こうに懐中電灯がチラチラしている。田舎あるあるだ。誰だろう。こちらに向かってくる。

眩しいので誰かは目の前までわからないのだが、それはお互いさまだ。

「こんばんはー」と言おうとしたその直前に姿が見えた。女の子である。確かお昼、僕らが泳いでいた時に、海岸でバーベキューをしていた家族づれの1人だ。バーベキューをするということは、島の人では無い。その子は今、がっつり道に迷っていた。

「すみません、道に、、」

「あ、うん、多分こっちじゃなくて、向こうだよ、君の泊まってる民宿は。なにせ、この島に民宿は一軒しかない。」

「えー、じゃあ、通り越してきたのかな。」

「どうかな、でも引き返してこのまま海岸をまっすぐいくと、右に見えるはずだから」

(中略)

階段を登って行く。岬になっているので、海岸からの海の音が次第に小さくなる。

木立を抜けていくと、また視界が広がる。広場になっていて、その先に灯台のあったであろう跡地がある。

僕は肩に担いでいた望遠鏡をそこにおき、夜の空を見上げた。

無数の星屑に囲まれていた。どれが星座がわからないくらいの数だ。

f:id:fujikixblog:20180715055636j:image

「ほらね、凄いでしょ」

「、うん、、、、凄い綺麗、、、、」空ってこんなのなんだ」

「日頃はまちのひかりとかで、見えないんだよ、ここは僕の秘密基地なんだ」

「いいわね、私、知っちゃったよ?秘密基地なのに、いいの?」

「秘密基地であることを伝えないとただの広場だから、しかたないんだよ、秘密基地がバレるのも、それはそれでいいんだよ」

「ちょっと何言ってるかわかんないけど、明日もまた来ていい?」

「もちろんだよ!今迷子中だもんね。下まで送って行くよ。てかよくここまで、ついて来たね」

「いいじゃない、人生やりたい事するのよ。明日もどうせ、君たちは昼からまた泳いでるんでしょ?多分そこでも会えるんじゃない?」

「そーかもね、でも宿題があるからなー」

「しないタイプだよね」

「バレてましたか、すみません」

「ここでいいわ、ありがとね」

「うん、僕、じゅん」

「わたしは、ハナ、じゃあまた明日ね!しばらくはこの島にいるわ!」

「はーい!気をつけてね」

 

次の日、彼女とは、会えなかった。というか、彼女の家族ごと、この島にいなくなった。

 

 

あれから、毎年、僕はこの丘で、星を観察しながら、あの子が来るんじゃないかとどこかで期待していた、そんな夏休みを毎年、過ごしていた。

 

から始まる妄想ミステリーが不定期で始まります。乞うご期待、しないでください。