山と僕とカメラ

登山初心者のバタバタ日記

写真付きレシピ

以前、淡路島で買って帰った「オニオンスパイス」という調味料が凄まじく万能、かつ適切に味を調味してくれる。

f:id:fujikixblog:20180718052611j:plain

 

そしてスーパーマーケットで買ってきた、なんて事ない鶏胸肉。

f:id:fujikixblog:20180718052743j:plain

これをアジの開きのやうに半分の厚みに切り広げる。

f:id:fujikixblog:20180718052845j:plain

その肉両面に包丁で切れ目を格子状に入れる。

f:id:fujikixblog:20180718052922j:plain

先ほどのオニオンスパイス

f:id:fujikixblog:20180718053017j:plain

を振りかけ、擦り込む。両面擦り込む。親の仇ぐらい擦り込む。

f:id:fujikixblog:20180718053040j:plain

 

そして、熱したフライパンに油を入れ、強火で皮面から焼く。

f:id:fujikixblog:20180718053141j:plain

もちろん一瞬で台所がすりっぴーになるので、換気扇は全開、かつ、フライパンの蓋で手前をディフェンスする。

両面を3分づつほど焼く。

f:id:fujikixblog:20180718053225j:plain

弱火もしくは中火、この辺は出てくる湯気で察しながら蓋をして蒸らす。何度か裏返し、酒を少量入れさらに焼き蒸らす。

f:id:fujikixblog:20180718053303j:plain

f:id:fujikixblog:20180718053325j:plain

もういかな、ぐらいの手前でキノコややや厚めに切った玉ねぎを入れ、炒め合わせる。

f:id:fujikixblog:20180718053359j:plain

f:id:fujikixblog:20180718053431j:plain

肉から出た汁がちょうど野菜に絡みついて味をつけてくれる。

f:id:fujikixblog:20180718053700j:plain

肉布団のように野菜の上に鶏肉を置くと、さらに効果的な気がする。

f:id:fujikixblog:20180718053754j:plain

3分程度で野菜もいいタヌキ色になる。

f:id:fujikixblog:20180718053853j:plain

肉を取り出し、そのままでもいいし、一口大に切り分ける。

f:id:fujikixblog:20180718053931j:plain

野菜と一緒に皿に盛る。

f:id:fujikixblog:20180718054030j:plain

「鶏肉とキノコのオニオンスパイス焼き」の出来上がり。

f:id:fujikixblog:20180718054107j:plain

と同時にキックオフである。

f:id:fujikixblog:20180718054145j:plain

ノンアルコービールを片手に、肉を片手に、眼球はサッカーに。至高である。

程よく満足したら、「バイス」である。

f:id:fujikixblog:20180718054215j:plain

梅紫蘇のシロップに、焼酎、炭酸水を入れた、なかなか止まらない飲み物である。

サッカーを肴にこれをいただく。たまらん。

そうこうしていると、つい、寝てしまった。

サッカーはまだやっている。

明日は4時起きで、5時過ぎには出発である。

ふとテレビの時計をみると、

「05:03」

ええええ!!

たいへん!!

さっさと片付けて、用意をしようと、家の時計を見ると、

夜の12時

あ、そっか、録画か。

という、焦った夜が、この前ありました。でした。

料理の写真がある!と思ったあなた、そう、写真が大切な事が分かっていただいて嬉しいです。