山と僕とカメラ

登山初心者のバタバタ日記

槍ヶ岳へ表銀座縦走 その2 登山口まで長い旅編

新大阪から名古屋。新幹線で行くと中途半端な旅気分になる事請け合いの1時間。

「京都を出た」

「そろそろ眠い」

「まもなくー、名古屋ー名古屋」

となる。遠いようで近いようで、やっぱり遠い、そして速い新幹線。

そこで私たちは眠らないように、眠ったら死ぬのだ、という事で、新ゲーム「5文字以上しりとり」を行うこととなった。

www.yamakamera.com

www.yamakamera.com

ルールは、しりとり、それに加えて5文字以上でないとダメというハイセンスなルールで、なかなか良かった。

「う」で終わり、「ら行」で始める言葉の枯渇にあえいだ。

そんなこんなで名古屋に着いて、そこから特急「ワイドビューしなの」に乗り換え。

乗り換えホームに行くと、なんとなんと、特急待ちの大行列。 

すでに乗るべく電車はホームに止まっているので、満席確定。

これは絶対座れないな、自由な席の私たちは。でもこれに乗らないとスタートが大幅に遅れてしまうので、仕方なく入ってみた。

すると、最後部座席の後ろの隙間に人2人入れるスペースがあったので相方をそこに押し込んで、私も入り、無事解決。でもぜんぜんワイドビューじゃない。

これで2時間以上は乗らないといけないのがなかなか辛かった。

途中、塩尻で乗り換え。

 

f:id:fujikixblog:20180821063059j:plain

ここからは、指定席がある。少しばかりだが、ゆっくりできる。

ここまで来ると、登山客が目立つ。

早朝出発が基本の登山で、昼出発になる今回の登山。少し不安だが、なんとかなるだろう。

穂高駅に着いた。

f:id:fujikixblog:20180821063218j:plain



ここからは、登山の起点となる「中房温泉」まで行くバスが発車している。すでにバスは来ており、多くの電車の乗客がそのままバスに吸い込まれていった。

f:id:fujikixblog:20180821063231j:plain

謎のくまと記念写真

f:id:fujikixblog:20180821063317j:plain

愛しの乗合バス。

バスはぐねぐね道を駆け上がる。軽トラしか登れんだろうという道を満員のバスがヒーヒー言いながら登っている。

30分は乗っただろうか、無事、私は無事、相方は、ゆられすぎて軽度の車酔いになり、中房温泉に到着した。

f:id:fujikixblog:20180821063436j:plain

登山に向かう客よりも、下山し、温泉に向かう客のほうが多かった。羨ましい限りである。若干天気が悪い。

12時、新大阪で買ったオニギリをここで食べ、いざ、「表銀座で行くステキな槍ヶ岳縦走」が始まるのであった。

f:id:fujikixblog:20180821063541j:plain

 

f:id:fujikixblog:20180822081409j:plain

 

 続く

www.yamakamera.com