山と僕とカメラ

山と僕とカメラ

登山初心者のバタバタ日記

新穂高から西穂高岳ピストン 西穂山荘泊 その3

【スポンサーリンク】

私達の先に3組以上いるはずだが、そのうち二組は奥穂高岳まで行くらしいというのを確認している。無事怪我なく着いてほしい、と思うくらい雨で足元が滑りやすい。

独標からの急な下りは気持ちを切り替え、身を引き締めるのにちょうどよい。

チラホラと存在する白ペンキの丸印が、「ああ、山に来たな」と思わせてくれる。

ピークとピークの間は細尾根を渡る。下の霧が濃く高度感がないので、見晴らしがない残念さと怖くない安心感がある。

 

 

 

 

www.yamakamera.com

 

厳しい環境に咲く花を愛でる。いつの間にか、一年のうちにお花が好きになってきた気もする。そんな人、多いのではなかろうか。

f:id:fujikixblog:20190726064726j:plain

尾根を越えると、またピークを越え、そこに必ず数字がペイントされている。そしてピークを降りる。これを繰り返す。

f:id:fujikixblog:20190726064623j:plain

f:id:fujikixblog:20190726064705j:plain

f:id:fujikixblog:20190726064821j:plain

ピーク、花、愛でる、を繰り返す。

f:id:fujikixblog:20190726064920j:plain

なんとなくヤバい道も落ち着いて通ると大丈夫。

ボルダリングの下りの練習はやっほうが良いと、実感。

f:id:fujikixblog:20190726065042j:plain

ピラミッドピーク

主要なピークには飽きさせないためか、お名前が着いている。8峰はピラミッドピーク。

f:id:fujikixblog:20190726065206j:plain

越えるとまたお花畑に癒やされる。

f:id:fujikixblog:20190726065408j:plain

 森林限界ギリギリでお花が群生しているのが、不思議というか、素敵だなと思う。

言うなれば、言うならば、なんだろう。わからない。

f:id:fujikixblog:20190726065619j:plain

と思っていると、またピークに登るための壁面に挑む。気持ちの切り替えが面白い。

朝、そして雨上がりということで、岩が冷たい。

f:id:fujikixblog:20190726065903j:plain

7峰

見落としがちな「7」登りきったところにある。

霧が晴れると、谷に雪が残っているのが見える。

f:id:fujikixblog:20190720145209j:plain

越えるたびに、主峰はまだかなーと思いを馳せる。

f:id:fujikixblog:20190726070407j:plain

アップダウンはあるものの、総じて平坦なルートなので、西穂奥穂の序盤と考えると、西穂高岳まではちょうどよい行程か。逆コースは気分的に盛り上がらないかもしれない。

たぬき岩

たぬき岩、そんな物は見当たらないが。

f:id:fujikixblog:20190726070434j:plain

f:id:fujikixblog:20190726070509j:plain

そんなことはさておき、先に進む。天気は晴れることもなく、霧に包まれたままだ。

また晴れた日に巡り会えるだろう。今日は今日の山をゆく。

f:id:fujikixblog:20190726070941j:plain

ガシガシと越えていく。

チャンピオンピーク

f:id:fujikixblog:20190726071032j:plain

f:id:fujikixblog:20190726071048j:plain

f:id:fujikixblog:20190726071120j:plain

 少しおひさまが出てきた。

f:id:fujikixblog:20190726071203j:plain

んあ?あれか?あれなのか?

f:id:fujikixblog:20190726071225j:plain

f:id:fujikixblog:20190726071257j:plain

たぬき岩?

そろそろ、本気で岩場だらけになってきた。メインディッシュがまっている。

いざ主峰へ

f:id:fujikixblog:20190726071354j:plain

f:id:fujikixblog:20190726071417j:plain

ツルッとしたスラブは雨で余計につるつる。だが、クラックがたくさんあるので大丈夫。

f:id:fujikixblog:20190726071501j:plain

f:id:fujikixblog:20190726071540j:plain

お花が迎えてくれる。

そして着きました。西穂高岳

西穂高主峰

f:id:fujikixblog:20190726071653j:plain

f:id:fujikixblog:20190726071745j:plain

f:id:fujikixblog:20190726071804j:plain

はっきりしない天気に満足はできないが、それでも霧が晴れてきたら瞬間に見える景色は壮大で、「来てよかった!」と思う。

f:id:fujikixblog:20190726071954j:plain

f:id:fujikixblog:20190726072007j:plain

時間はあるので、しばらく寝る。

f:id:fujikixblog:20190726072049j:plain

待てばなんとかというのだろうか、ほんとに一瞬、槍ヶ岳が見えた。

f:id:fujikixblog:20190726072223j:plain

すうーーーっと

f:id:fujikixblog:20190726072253j:plain

もうこれで満足。

さあ、下山。